読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイゴロウとゆかいな仲間たち

ダイゴロウとゆかいな仲間たちのおもしろ日記

Act 9 《結果・・!なぜ・・!?そして新たな刺客が・・!》

やっとの思いで仔猫を確保っ・・!!!

 

「しかし、大丈夫なのかな・・2回も咥えられて・・外傷や血は見た感じなさそうみたい・・」

息子の手の中で、【ミャー!ミャー!ミャー!ミャー!】と相変わらず、叫んでおられる・・。

咥えられて痛いのかなあ・?                          母猫を呼んでいるんだろうねえ・・不安なんだろうねえ・・

『 私もかなりこの状況に不安・・!! 』

 

 そして・・・

 

『 はあ・・・疲れた・・・・ 』

 

f:id:freedom-hrs:20170208143721p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

 

「と言うことで・・、ミルが2回も咥えてしまい、どうかなっていると困るのと近くに母猫も居ないし、他に猫も見当たらないし、まだ目もほとんど見えていないみたいだし、産まれて数日ぐらいではなかろうかだし・・・・」

f:id:freedom-hrs:20170213115521p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

 

 

「・・・・・・・・・」

 

「結果・・・

こんな状況になっております。」

 

f:id:freedom-hrs:20170211164855j:plain

f:id:freedom-hrs:20170211164337j:plain

「お・・おう・・・。」

 

「お疲れさまでした・・。」

 

「・・・・・・・・・・」

 ・・・にしても、

 【なぜ!?】

 

草むらに一匹だけ居たんだろうか??                      母猫が別の場所から運んでいた途中なのか??                  カラスが仔猫を咥えて飛んでいるのを見たとか聞いたこと あるから・・それなのか?

 

”今の時点”では全くもって『 謎 』です・・・

 

f:id:freedom-hrs:20170208143901p:plainf:id:freedom-hrs:20170208143901p:plainf:id:freedom-hrs:20170208143901p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

 

そしてっ!!

 

新たな刺客が・・・・

f:id:freedom-hrs:20170227015134p:plain

「 ??!!! 」

 

 

to be continued...

 http://line.me/S/sticker/1377412

 

 

 

Act 8 《経緯②:パクッ!× 2》

『 なんか咥えてるぞおおーーーっ?!! 』

『ね・ね・・猫や!』 

『仔猫やないかーーーーいっ!!』

 

しかも・・鳴き声が止んでしもうた・・・

さっきまで、ミャー!ミャー!ミャー!ミャー!と凄い勢いで鳴いていたのに・・

あっ・・・殺ってしもうた・・・!?

 「・・・・・・・・」

『 ん?! 』

【 あれ?!! 】

 
 
『 ミャ・・ミャー・・・ 』

 

 

『ミャーーーッ!!!!!!!!!』

【 生きてるぞーーーっ!!】

『 ミルーーーッ!!!くちを開けなさーーいっ!!!』

 次の瞬間!!

【 ぽろ・・】

ミルもビックリしたのか、仔猫を口から放した・・

 

草むらの上でミャーミャー!言って鳴いているので、               とりあえず生きてる・・ちょっと安心した・・

 

次の瞬間っ!!

【 パクッ!!】

f:id:freedom-hrs:20170220165006p:plain

 『 えええええええええええっ!!!!!!! 』

『 ミルーーっ!!ダメーーーーーッ!!! 』

『 放しなさいっ!!! 』                     『 放しなさいっ!!! 』

 と叫ぶも・・なかなか口を開けないので・・

口をむりやり手でこじ開けて、やっとの思いで仔猫を放させて、

息子に仔猫を持ってもらいました・・・。

 

f:id:freedom-hrs:20170220173031p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

to be continued...

 

 http://line.me/S/sticker/1371597

 

 

 

Act 7 《経緯①:散歩》

『はあーー・・・』

「猫だあ~」と半笑で見ていた・・・

f:id:freedom-hrs:20170211164855j:plain

・・・がっ?!

「いやいや違う違う、何がどうなって、こうなったん?」

と妻に聞くと・・・

「午後から実家(妻)の犬の散歩に、私と息子(当時5才)で行ったら、どこからか”ミャー!ミャー!”と聞こえてきて、最初は小さい鳴き声だったんだけど・・・

どんどんどんどん?!鳴き声が大きくなって聞こえて来るんだけど、どこで鳴いているのか、草がぼーぼーで・・探すんだけど見つからず・・。

それでも、”ミャー!ミャー!ミャー!ミャー!!!”って凄過ぎる鳴き声で、まるで【断末魔の叫び声】のようなぐらい大きい声で聞こえるんだけど・・

どこにいるのかわからなくて・・・

 しかも、一匹だけが鳴いている感じで、周りに他の猫もいないし気配も全然なくて、ひたすら”ミャー!ミャー!”が聞こえるだけ・・・」

そしたら・・・

 

【ミル】が?!!

 

グングングングングングン!グングングングングングングングングン!!グングングングングングン!グングングングングングングングングン!!グングングングングン!!

草むらに走って行って・・?!!

そして!!

 

 

 

『パクッ!!!』

 

 

んっ!?

 

ん・んっ!??

 

んっ!!!

ああああああああああああああああああああああ!!!!

 

f:id:freedom-hrs:20170219165806p:plainイメージ図

『・・・・・・・・・?!』

 

 

 『えっ!?ええーーーーーーーーーーっ!!』

f:id:freedom-hrs:20170203143329p:plainf:id:freedom-hrs:20170203143329p:plainf:id:freedom-hrs:20170203143329p:plain

 

 【 ミル紹介 】 

 哺乳類    :犬科

品種    :雑種(中型)

名前    :ミル

ニックネーム:ミルねえさん / リサイクル犬!?

性別    :♀メス※去勢なし

年齢    :5年ぐらい

体重    :6.0kgぐらい

変な癖   :自分のう〇こを食べる・・

       仔猫キラー※要注意

 

 

f:id:freedom-hrs:20170219174212j:plain

 ちょっと悪そうな顔・・・

f:id:freedom-hrs:20170219174259j:plain

f:id:freedom-hrs:20170219174322j:plain

 

 

 to be continued...

 http://line.me/S/sticker/1377412

 

 

 

 

Act 6 《猫・・?!それとも・・・》

『にゃんじゃっ!こりゃーーっ!!』

f:id:freedom-hrs:20170213100623j:plain

『めちゃめちゃっ!小っちゃっ!!』

いっちょ前に爪が生えて、しかも伸び伸び・・?!    片方の手の平で納まるぐらい・・。

体重~~計~~測~~~~~!

な・な・・なんとっ?!!

 

【170グラム!!!】

 

グラムですかっ?!!!

って、?!

小学校の時、理科の実験で使う天秤の【分銅】の重り・・

f:id:freedom-hrs:20170213102813p:plainf:id:freedom-hrs:20170213102813p:plainf:id:freedom-hrs:20170213102813p:plainf:id:freedom-hrs:20170213102813p:plain・・・ 

3個ちょいぐらい・・

 あははは・・・・・・・

 

鳴き声は【 猫 】なのに・・見た目が?!                      ”ネズミ” or ”モグラ”・・or ”少し毛が生えたトカゲ”!?

 

f:id:freedom-hrs:20170213104437j:plain

f:id:freedom-hrs:20170213104201j:plain

 小さ過ぎて・・笑うしかない・・・。

うちに、猫のような・・変ちくりんな・・生き物が・・                      おる・・。

 

 

『・・・・・・・』

 

 

『どないしよ・・・・!?』

 

 

f:id:freedom-hrs:20170213115521p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

 

 

 

to be continued...

 

 http://line.me/S/sticker/1371597

 

 

 

Act 5 《目が点・・・》

【ミャーーーーーーッ!!】

と聞いたら、【猫】or【名古屋弁・・?!】

ちなみに自分は名古屋出身です。

段ボール箱の中から、

【ミャーー!ミャーー!】【ミャーー!ミャーー!】

 と気付かれたのが、わかったような・・

悲痛な鳴き声が・・・

【同情しろっ!同情しろっ!】

【飼えっ!飼えっ!!】

って聞こえるのは自分だけ・・!?

今さっきまで、嫌~な緊張感の「ガサ・ゴト・・」「ガサガサ・・」しか聞こえなかったのに・・・。

何はともあれ中を恐る恐る・・覗いて見ると・・?!!

f:id:freedom-hrs:20170211163405p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

『おっ!!』

 

f:id:freedom-hrs:20170211164126j:plain

『小っちゃいっ!!』

f:id:freedom-hrs:20170211164337j:plain

f:id:freedom-hrs:20170211164855j:plain

 『小さ過ぎてちょっと笑える・・』

 

 to be continued...

 http://line.me/S/sticker/1335011

 

 

 

 

 

Act 4 《未知との遭遇・・》

 

み・み・・見たことのない、                           

ボチボチな大きさの段ボール箱が!?

視野に入ってきた・・!

f:id:freedom-hrs:20170208143901p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

『何・・何っ!?』

困惑と不安と・・ちょっとの期待感!?                     の中、数秒の沈黙が流れるも・・??!!

 

【箱が・・・!!】

 

『ガサ・・ゴト・・』?!!

『微妙に動いた・・ぞっ!!』                         

『それに、ガサガサ・・・なんか聞こえる?!』

間違いなくっ!何かいるぞっ!!な・な・・何がいる?

今は8月上旬・・時期的にカブトムシか?・・いや違うっ!                   二年前ぐらいに100個単位の卵から孵化し、ぶろろろーんとした数十匹の幼虫になったこともあり、当時かなり大変な思いをしたが・・たかが虫っ!しょせん虫っ!      カブトムシくらいでは妻の表情・言動・沈黙の・・

 

説明がつかない・・・!!

 

それに【謝らなければ・・・】ってなんだ!?

 

勇気を振り絞って、少しずつ箱に近づいていく・・

距離が縮まる度に・・

 

【ガサ・ゴト・・】【ガサガサガサ・・・】

 

そして遂に手が届く距離まで接近した・・その時?!

『あっ!』

f:id:freedom-hrs:20170208144145p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

『ああああああああああああああっ!!!!!』

 

も・も・もし・・もしや?!!!

 

【犬っ!?】

 

犬やっ!犬っ!!子犬やっ!!!間違いないっ?!!!

 

・・とは思ってみたものの、                           それはそれでちょっと待たれーーいっ!!

うちには、犬と言う生き物がすでに2頭もおられる・・              ミニチュアダックスフンドのブラック&タンとレッド!

それに、住んでいる家なんてめちゃめちゃっ狭いっ!!

借家で平屋の2K +α 横長の継ぎ足した8畳の板間 +2畳の物置・・そして、家族4人+犬2頭・・在住歴:当時で4年半ぐらい、大家さんが親切な人で家賃は安い。                      

f:id:freedom-hrs:20170208153255p:plain

引っ越した当初は、家族3人+犬2匹(一匹は外飼い)                だったのでとても快適に生活をしていました。

が・・?!今では・・人が増え、犬が交代で増えて・・             いっぱい!いっぱい!です・・結構~限界・・が近い!?

f:id:freedom-hrs:20170208143318p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

 

" 現実に戻らねば・・ ・"

 

 

 

段ボール箱の中身はいったいなんなんだあーーーーーっ・!??

 

 

ああああああああああああああああああーっ?????

f:id:freedom-hrs:20170208143604p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

 

 

 

 

 

 

 

【ミャーーーーーーーーーーーーーッ!!!!】

 

 

 

 

 

『えっ・・・?!』

 

 

 

 

f:id:freedom-hrs:20170208143721p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

 

to be continued...

http://line.me/S/sticker/1235435 

 

 

Act 3 《妻の視線の先に・・》

仕事が手につかないまま時間が過ぎ、 

遂に就業時間のPM17:00になった・・・。                   いつもなら残業をするはずだが・・今日は・・

f:id:freedom-hrs:20170205192754p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

『違うっ!』・・・ので定時に帰ります。

ためらいなくタイムカードを押しました。       

早歩きで自分の車に飛び乗った!!

 会社は、自宅から車で30分くらいの場所にあり、近いと思われますが、距離にすると15kmくらいあります。都市部の15kmは渋滞や事故等があったりしますので、30分では目的地に着かないかと思われます。

・・が?!、ここにはほぼ渋滞もなく、信号から信号までの距離も長く、ここでの15kmは都市部の3~5kmぐらいで移動してしまいます。おおげさでも何でもないです。ちなみに自分の生まれは新潟県ですが、育ちなど全般は名古屋市内に14年前まで住んでおりました。

f:id:freedom-hrs:20170205193105p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

現在住んでいるところがとてつもない田舎で交通機関が不便で、数年前に市町村が合併しましたが、旧〇〇市の時代に廃線になり最寄の駅がなくなりました・・悲しい・・

自分の軽自動車で車通勤をしており、外回りの営業も自分の車です。月に2回程度、会社からガソリン代の支給がありますが・・・1ヵ月の走行距離が平均約1200kmぐらいあるため、ガソリン代の支給だけでは足りず・・

残りは自腹です・・。

そんな過疎化の田舎に現在・・笑顔で住んでおります。

f:id:freedom-hrs:20170205193517p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

自分の紹介はまた次回にしまして・・

車中で、妻に急いで【Cメール】を送る!

送信メール≪001≫                                                                 8/7(水)17:05                                    奥さん

今から帰りますーー。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

・・・・・・・・・・・。

返信なし・・・。

嫌~な沈黙の中、車を走らせること30分、自宅の駐車場に着いてしまった・・妻の車も駐車場に止まっているので家に居るのは間違いない・・・!

お腹が痛くなってきた・・・

f:id:freedom-hrs:20170205194324p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163157j:plain

変な緊張感の中、家に入ると・・・・

 

妻は存在を隠すように部屋の隅っこで                      立っておられました・・

 

そして・・・

 

何も言わない・・・

 

しかし、少し笑みを浮かべているように見えたのは・・                    

気のせい!?

 

『恐っ・・!なっ・・なんなんだ・・??!!』

 

もう一度、妻を見ると・・                           妻の視線の先が自分ではないことに気付いた・・!!

 

妻の視線の先に・・・・・?!

 

『んっ?!』

 

六畳の部屋の床に・・あきらかに不自然に置いてある・・

 

ボチボチな大きさの

 

段ボール箱・・・。

 

 

to be continued...

 http://line.me/S/sticker/1371597