読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイゴロウとゆかいな仲間たち

ダイゴロウとゆかいな仲間たちのおもしろ日記

Act 8 《経緯②:パクッ!× 2》

『 なんか咥えてるぞおおーーーっ?!! 』

『ね・ね・・猫や!』 

『仔猫やないかーーーーいっ!!』

 

しかも・・鳴き声が止んでしもうた・・・

さっきまで、ミャー!ミャー!ミャー!ミャー!と凄い勢いで鳴いていたのに・・

あっ・・・殺ってしもうた・・・!?

 「・・・・・・・・」

『 ん?! 』

【 あれ?!! 】

 
 
『 ミャ・・ミャー・・・ 』

 

 

『ミャーーーッ!!!!!!!!!』

【 生きてるぞーーーっ!!】

『 ミルーーーッ!!!くちを開けなさーーいっ!!!』

 次の瞬間!!

【 ぽろ・・】

ミルもビックリしたのか、仔猫を口から放した・・

 

草むらの上でミャーミャー!言って鳴いているので、               とりあえず生きてる・・ちょっと安心した・・

 

次の瞬間っ!!

【 パクッ!!】

f:id:freedom-hrs:20170220165006p:plain

 『 えええええええええええっ!!!!!!! 』

『 ミルーーっ!!ダメーーーーーッ!!! 』

『 放しなさいっ!!! 』                     『 放しなさいっ!!! 』

 と叫ぶも・・なかなか口を開けないので・・

口をむりやり手でこじ開けて、やっとの思いで仔猫を放させて、

息子に仔猫を持ってもらいました・・・。

 

f:id:freedom-hrs:20170220173031p:plainf:id:freedom-hrs:20170203163420j:plain

to be continued...

 

 http://line.me/S/sticker/1371597